旅行で「るるぶ」を買うより楽天マガジンが圧倒的にオススメされる理由

国内旅行に行く時、関西旅行や九州旅行など、1回の旅行で複数県を回るプランを立てる人が多いと思います。

家族や友人と休みを合わせて取り、充実した旅行にするには、旅行先のことをしっかりリサーチし、プランニングをしっかりおこなわれると思います。

その方法として、インターネットで検索することや旅行ガイドブック「るるぶ」を購入することもあると思います。

知らないほとも多いと思いますが、旅行先のリサーチに楽天マガジンがオススメされています

今回は、その理由について解説していきます。

楽天マガジンとは?

まず、楽天マガジンとは、全13ジャンル450誌以上が「楽天マガジン」専用アプリで読み放題です。
ファッション・美容・ビジネス・グラビア・・スポーツ・旅行・週刊誌などあらゆる分野の情報を好きなだけ読むことができます。

それがなんと、月額380円(税別)で利用することができます。

楽天マガジンはどれくらいお得なのか?

今回、関西旅行ということで、京都・奈良・大阪に行くとしましょう!

るるぶを購入した場合

各府県ごとの、るるぶを購入するとした場合

「るるぶ 京都」:定価 1,078円

「るるぶ 奈良」:定価 1,045円

「るるぶ 大阪」:定価 1,045円

合計で3138円となります。

楽天マガジンの場合

楽天マガジンの場合は月額380円です。

しかも、1冊だけの金額ではありません。上記の3冊のるるぶだけでなく国内各地の「るるぶ」が読み放題!

もっと言えば、その他の雑誌450誌が読み放題です!

旅行者に楽天マガジンをオススメする理由

料金がかなりお得!

1番のオススメする理由は、先述している通り、料金比較すると金額が圧倒的に価格が安いことです。

旅行先での持ち運びが便利

スマートフォンやタブレット端末で閲覧できます。るるぶを旅行先で持ち歩くと思いますが、大きな冊子を持ち歩くのはかなり荷物になります。邪魔です!るるぶを持ち歩くとなればそれなりの大きなカバンを持ち歩かないといけないことになるので大変便利です。

また、スマホで見ることできるので、移動中の飛行機や新幹線でも簡単に見れます。

※ダウンロード機能あり

自宅などWi-Fi環境を利用して、楽天マガジンのアプリ内に雑誌をダウンロードすることができます。

オフラインで閲覧することができ、飛行機や新幹線など通信環境に関わらずお楽しみいただけます。

楽天マガジンは、旅行雑誌以外にもファッション誌やスポーツ誌、週刊誌などなど450誌以上が読み放題です。

飛行機や新幹線での移動時間の暇つぶしにも役立てます。

るるぶ以外にも旅行情報雑誌が読み放題

「るるぶ」だけでなく地域の特集の雑誌もたくさん読み放題で配信されており、かなりお得です!

東京Walkerや東海Walker、九州Walkerなど

②ラーメンぴあ

楽天マガジンのデメリットは?

ここまで楽天マガジンの良いことばかり伝えてきまいたが、もちろんデメリットもあります。

るるぶに書き込みができない

電子版の為、直接書き込みやマーカーをつけることができません

楽天マガジンのアプリには、「ふせん」機能がある為、気になるページや注目ページには「ふせん」を付けることで注目ページなどにはすぐに飛ぶことができます。

文字が小さい

タブレット端末を使用するなら、それなりの文字大きさで閲覧することができますが、スマートフォンを使用するなら文字が小さくなり、読みづらさを感じる人もいるでしょう。

るるぶを雑誌で見慣れているのであれば、少し不便に感じる人も多いはず。。。

クーポンがない

るるぶ購入特典としてついている500円クーボンや割引券などのサービスを受けることができません。

まずは無料お試し期間から体験してみよう!

これまで楽天マガジンのおすすめポイントやデメリットを伝えてきましたが、やはり利用してみないとわかりません。

楽天マガジンには、31日間の無料お試し期間があります。お試し期間を利用して、旅行について調べるのもありだと思います。

自分が満足するかどうかわからないのに月380円払うのは、、、と思うかもしれない人は、まずはお試し期間を体験して検討することをオススメします。

旅行先を検討中の人なんかは、この無料お試し期間を利用して、「るるぶ」を何冊も見て、旅行先をどこに行くのかを考えるのもいいかもしてません。

まとめ

ここまでたくさん伝えてきましたが旅行する人で、旅行ガイドブック「るるぶ」の購入を考えている人は、楽天マガジンが圧倒的にお得です。

①圧倒的にお金が掛からない

②「るるぶ」や「〇〇Walker」など旅行誌が盛り沢山

③スマホやタブレットにダウンロードができ、持ち運びが便利

④移動時間にも他誌を閲覧し、時間を有効活用!

 

最新情報をチェックしよう!