【聴診器のBest buy】言語聴覚士の聴診器の選び方

  • 2019年9月1日
  • 2020年3月28日
  • 医療

聴診器って各メーカーがいろいろな種類のものを販売しており、どのメーカーのどのタイプを買えばいい?ってなりますよね。

ここでは各メーカーの特徴なども説明していきmす。

医療の現場で聴診器は必要なものです。自分の職種・専門性・必要性にあった聴診器を選択し、購入しましょう。

聴診器を使う職種は?

 臨床医療の現場では、主に医師、看護師、救急救命士、理学療法士、言語聴覚士が心臓や肺、血管などが発生する音を聴くのに用いられています(なかには、栄養士や薬剤師が聴診器を使っている病院もありますね)。

特に、医師は呼吸器・循環器・消化器など各専門性によって使用する聴診器の種類が変わってきます。

聴診器メーカーの一覧

Littmann(リットマン)

業界No.1メーカーと言っていいほど医療現場では愛用者が多いブランドです。

 

ERKA(エルカ)

創業130年・100か国以上に広がる世界的なドイツ製医療機器ブランド。ドイツ製ですが日本人の耳に合わせたモデルも販売しています。

 

FOCAL(フォーカル)

世界60ヵ国で信頼されるリーズナブルな日本製聴診器。

 

ADC

全米No.1ブランド。

 

KENZMEDICO(ケンツメディコ)

材料から生産まで一貫して日本国内で作られるMADE IN JAPANの聴診器

 

言語聴覚士が聴診器を使う意味

そもそも言語聴覚士はどんな場面で聴診器を使うの?

主に、嚥下機能評価の際に、頸部を聴診し嚥下音や食物残留音、呼吸の変動を確認するために聴診器を使用しまう。

嚥下障害の有無は、反復唾液飲みテストや改定水飲みテスト、フードテストが3大スクリーニングテストと言われています。この3大スクリーニングテストはSTがするわけではありません。STが国家資格になって以降、嚥下の評価はSTが行うものという風習になっている医療現場が多いように思えます。

実際に、嚥下の3大スクリーニングテストは非常に簡易的であり、看護師でも十分行えるものです。その為、STが嚥下機能の評価では、頸部聴診がしっかり行え、嚥下機能の問題点を抽出することです。学会や講演などで数多くの臨床現場を経験しているSTの先生方は声を揃えて、「STはしっかりと頸部聴診できないといけない」とおっしゃりますね。

頸部聴診のみでは嚥下内視鏡検査(VE)や嚥下造影検査(VF)ほど詳細にはわかりません。その為、頸部聴診にて問題点があれば、VEやVFで詳細な評価を実施し問題点の早期発見に努める必要があります。

STが使う聴診器は成人用?小児用?

言語聴覚士の中でも、成人領域・小児領域によってもちろん聴診器の選択が異なってきます。

ここでは成人領域の聴診器の選択について話していきます

(正直に言いますと、、、小児領域の経験がないので小児の現場ではどの聴診器を買うのがベストなのかわかりません、申し訳ありません)

聴診器には主に成人用と小児用、そして新生児用があります。新生児用は小さすぎてさすがに成人領域では不向きです。

周りのSTの先輩たちは成人用と小児用を使っている人は50:50くらいではないでしょうか?

成人用–小児用のメリット・デメリット

成人用聴診器のメリット:頸部の聴診だけではなく、肺炎患者の呼吸音の聴診も行える。

成人用聴診器のデメリット:小柄な患者や円背などで頸部が屈曲している。小児用と比較すると価格が高い。

小児用聴診器のメリット:全体的に低価格。高齢者の頸部の狭い箇所に聴診器を入れやすい。

小児用聴診器のデメリット:肺の呼吸音が聞きにくい。聞こえないことはないがしっかり拾えない。

私自身、急性期病院で働いていた時は肺炎患者を見ることが多かったので、小児用を最初購入しましたが呼吸音を聞く機会も多かった為、最終的に成人用も購入しました。今では成人用しか使用していません。

これがBest Buy

やはりベストセラーだけあって他の聴診器と比較してもリットマンの聴診器は性能が抜群です。しかし、低価格で販売されている他のメーカーと比較すると高性能なだけあって価格もそれだけ高くなってきます。

STであれば、片面のチェストピース(集音盤)の聴診器ではなく、両面チェストピース(ダブルタイプ)をオススメします。

☆オススメNo.1

 ステソスコープ カーディオロジーIV

リットマンステソスコープ カーディオロジーIVは、特に救命救急の現場や聴診が困難な環境においても優れた音響性能を求める方のための聴診器です。周囲の音を遮断し、ダイアフラムからの聴きたい音をしっかり伝えます。成人から小児までこれ一器で診察が可能です。

ダイヤフラム部で肺の呼吸音も聞き、ベル部にて頸部聴診を行います。

カーディオロジーIVのベル部でも頸部に十分収まります。頸部聴診・呼吸音を聞き取るには十分な聴診器です。

価格(定価):¥38,500円(税込)

☆オススメNo.2

3Mリットマン クラシックII S.E.

・クラシックII SE は、チェストピースに「ダイアフラム(膜)」と「ベル部」を持つダブル式である為、医師や医学生、看護師などのコメディカルにも幅広く臨床現場で活用されリットマンの中で最も普及しているロングセラーモデルです。

しかし、クラシックII.S.E.は現在生産終了しています。少し前まではアマゾンや楽天などで販売されいましたが現在は販売されていませんでした。。。

そのクラシックII.S.E.後継器として販売されたのがリットマン ステソスコープ クラシックIIIです。

3Mリットマン ステソスコープ クラシックIII

クラシックII.S.E.同様に幅広い患者様に対応できる万能な聴診器です。さらに音量や音質の性能は大幅に上がっています。見た目も高級感あふれカッコイイです。

小児、成人まで聴診が可能な、コンパクトでありながら様々な機能を持つ聴診器です。丈夫で軽量の素材を採用し、微弱な心音や肺音、その他の生体音を快適かつ容易に聞き取ることができます。

価格(定価):18,500円(税抜)

☆オススメNo.3

3Mリットマン クラシックII (小児用)

小児用聴診器を使用している人のほとんどがクラシックII (小児用)を持っていると言っても良いほどの使用率です。チェストピースが頸部にしっかりと収まるので聴診しやすいです。

しかし、先ほどにも書きましが呼吸音が上2つの聴診器と比較すると弱いところでもありますね。。。。

こちらの商品はまだ販売されています。

価格(定価):15,000円(税抜)

 

リットマンは春のキャンペーンなどを開催しており、時期によってはアマゾンや楽天などよりも安く購入が可能なこともあります。しかし、アマゾンや楽天などで販売してい業者は名前を刻印してくれることがあります

聴診器は同じ色・形を持っている人も多く、首に下げていても患者の移乗場面で首から外しそのままどこかに置きっ放しにしてしまうなんてことが皆さん1度は経験します。なので、可能ならば聴診器に名前などを刻印してもらう方が絶対いいです。

おわりに

今回、聴診器について紹介させていただきました。聴診器は実際に使ってみて本当の良し悪しがわかるものです。職場の先輩方が使っている聴診器を貸してもらい、見て聴いて選ぶのが一番だと思います。

聴診器は大切に扱えば故障しないものです。

やはり高品質・高性能な聴診器は実施に使用してみると性能の違いが歴然です。

最初は安いものを購入し、現場で経験を積みながら次に買う時は良いものを買おうとされるのも良い考えだと思います。

しかし安いと言ってもそれなりのものを購入しようとするとリットマンでも安くても7000円台〜。せっかくなら最初から良いものを購入することも悪くないと思いますよ。

 

追記:頸部聴診について

頸部聴診の手技

嚥下後の呼吸音を聴取する際には嚥下前に痰などの貯留物を排出させた状態の呼吸音と比較することが大切です。その為、咽頭に貯留物がありそうであれば排痰や吸引を行い咽頭貯留物をクリアにしておかなければいけません。

貯留物の排出後、聴診器を頸部に接触させ、呼気をしてもらい、呼気音を聴診します。

次に水分やゼリーなどを摂取してもらい、嚥下音を聴診します。嚥下後に呼気をしてもらい、呼吸音を聴診し、嚥下前に貯留物を排出させた状態で聴診した呼気音と比較します。

頸部聴診による判定

嚥下時に喘鳴様呼吸音やむせによる喀出音が聴取された場合には喉頭侵入や誤嚥が生じている可能性があります

嚥下する際に、長い嚥下音や弱い嚥下音、複数回の嚥下音が聴取される場合には舌による送り込みの障害、咽頭収縮の減弱、喉頭挙上障害、食道入口部の弛緩障害などが疑われます。

 

最新情報をチェックしよう!