イタリアではスリに気を付けろ!スリ以外にも気をつけることまとめ

イタリア旅行ではスリに合うのに気を付けよう!と、よく耳にします。

「昔からそういうけど、最近でもまだスリが多いの?」と疑問に思う方多いと思います。

さらにスリ以外にも、イタリア旅行で気を付けないといけないことについて解説していきます。

スリがあるのはほんと!

実際に、今の時代にもイタリアではスリが多発しています。スリの対象になるのは観光客がほとんどです。

現地の人からすれば日本人観光客は、お金持ちと思われており、ターゲットにされやすいです。スリをする人からすれば、日本人観光客は見ればすぐにわかるみたいです。

スリは集団でやっており、数100mも前から狙われておりずっとついてきているみたいです。

また狙われやすい人は、ツアー参加者では無く個人で観光にきている人が特に狙われやすいです。ツアー参加者は、ガイドさんに対策や気をつけるポイントにくると忠告があるのと、団の為、誰かの目につき気づかれる可能性もあるからです。しかし、個人で来ている人は危ない観光地などの知識が無いこともあるので気をつける必要があります。

注意する場所

レストラン

日本にいるときは、レストランでお手洗いに行く時など安易にカバンを置きっぱなしすることが多いですがイタリアではその隙に持っていかれます(もはや持っていってください!と言っているみたいなものです)。

観光名所

トレビの泉など観光スポットで写真撮影に気を取られ無防備になっている隙に、カバンの中に手を伸ばされてスリに合うこともあります。

交通機関での移動中

電車での移動中に少し睡眠を撮った際に、気づかないうちに荷物やカバン持っていかれていることもあります。

対策は?

  1. 荷物を地面に置かない!
  2. 財布はポケットに入れない!
  3. 持ち歩き用のカバンは前に掛ける。手提げバックは持たない。
  4. カバンは口がある物を。トートバックなどはカバンの中がオープンの物は狙われやすい。

他に気をつけること。

イタリア旅行でスリ以外に気をつけることについて紹介します。

ミサンガ

スペイン広場などで、「ナカータ(中田英寿のこと)」とハイテンションで連呼し、手首にミサンガを無理やり巻いてこようとします!そしてお金を要求してきます。いらないと言っても一度つけた(使用した)からと言ってお金を払うまでしつこく要求して来ます。

バラ配り

日本の街中でポケットティッシュ配る感覚でバラの花を手渡してきます。

一度バラを受け取り、金銭を要求されいらないと返品しようとするが、それは受け取らず、しつこくお金を請求して来ます。お金を払うまでしつこくついて来てます。かなり厄介です。

またここでも日本人はお金持ちの印象が強く、バラ1本に対して請求してくる金額も大きい。

日本人は、このことを知らなければポケットティッシュの感覚で安易な気持ちでもらいがちです。

バラを持っている人が近づいて来ても、貰わないように、そして相手にしないようにしましょう!

おわりに

今回紹介してものの他にも、その時々でいろんな手法が流行っていることがあります。イタリアで知らない人が近づいて来たらまずは相手にしない様にましょう。

イタリア旅行での注意すること中で1番対策が難しいのがスリです。しかし常にスリに気をつけることなんて不可能ですし、そんなことを気にしていたらせっかくのイタリア旅行がと楽しむことができません。出来る限りの最大限の対策をとり、楽しいイタリア旅行を送ってください!

最新情報をチェックしよう!