結婚式のBGMはCDの原盤が必要!?CD集め方について紹介

最近は、結婚披露宴でBGMを流す際、そのCDの原盤を持参しなければならない式場が増えてきました。理由として、音楽著作権が関係しています。今回は音楽著作権について、さらにCDの原盤の集め方について紹介していきます。

音楽著作権について

結婚式の披露宴中のBGM及びプロフィールムービーやエンディングムービー等の演出映像のBGMに一般的に販売されているアーティストの楽曲音源を使用する場合「音楽著作権」「著作隣接権」を侵害されないようJRSAC等の音楽著作権管理団体または権利所有者から承諾を得る必要があります。

著作権とは・・・?

音楽著作権:音楽の創作者が持つ権利のこと

作者隣接権:歌手や演奏家、レコード会社に与えられている権利のこと

BGMについて:披露宴の最中に流されるBGMについては、TSUTAYAなどのレンタルCDやコピーしたCD、インターネットでダウンロードした音源は使用できません。

著作権や著作隣接権を侵害してしまったら、、、?

私的な利用の範囲を超えて承諾を得れいない音源を使用し著作権を侵害すると民事上の責任(損害賠償の支払いなど)と共に、形而上の責任(10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金もしくはその両方)を負わなければならない場合があります。

実際に、そうなったケースはあるのか?インターネットで検索しましたがあまりヒットしませんでした。そうならない為にも、式場も厳重に気をつけているみたいです。

CDの集め方

式場がBGMで流す原曲のCDが必要と言われたら、用意するしかありません。

①自分たちが所有しているCDを使う

結婚式で流したい曲は、結婚式の雰囲気にあった曲と言うのも大切ですが、自分の好きなアーティストの曲や思い出がある曲です。過去に、自分で購入し持っている曲もあるかもしれません。その中から選ぶのも一つの手段です。

結婚式の歓談の時間は、自由に好きな曲を流して良い時間です。自分が所有している好きな曲を存分に流しましょう!

新婦が嵐の大ファンだった結婚式では式中のBGMが全て嵐の曲だったこともありますね。
②知人から借りる

結婚式で使用する定番の曲であれば、最近結婚式を挙げた友人・知人が持っているかもしれません。もし持っているのであれば、その人達から借りましょう!

③中古CDを購入

BOOKOFFなどの中古レンタルショップ店にて購入。

④レンタル使用済みのCDを購入

TSUTAYAやゲオではレンタル商品と使用していたCDを販売しています。それを100〜1000円程度にて購入することができます。

レンタル商品のダビングなどは使用することはできませんが、レンタル落ちで購入した商品は使用することが可能です。中古CDを購入するよりは安価で購入することができますが、欲しいCDが見つからないことも少なくありません。

⑤メルカリで購入

特に結婚式の定番曲の「絢香/にじいろ」などは、多くの人がBGMとして使用します。だからといって、皆がCDを所有している訳ではありません。ほとんどの人が、その時のみ購入するので、結婚式の定番曲はメルカリでたくさん出品されています。

おすすめポイントは、価格が安く、さらに店頭までわざわざ足を運ばなくて良いことです。

また、自分が使い終わったら、メルカリで同価格程度で出品するとすぐに購入者が現れるので、手数料と送料のみの金額しかかかりません。

メルカリに慣れていない人には抵抗があるかもしれませんが、CDを購入するのであればメルカリが1番おすすめです。

まとめ

著作権の問題もあり、CDの原盤を必要とする結婚式場が最近は増えつつあります。

自分で所有している曲があれば積極的に使用し、友人が持っている可能性があれば貸してもらいましょう。

また、購入するのであれば、安くて、お店に足を運ぶ必要のないメルカリでの購入をおすすめします。

結婚式では、想像もしていなかったところで、お金が掛かってくるので、節約できるところをしっかり節約していきましょう!

最新情報をチェックしよう!