Googleストアで購入したPixel6のスマホ保証の加入方法!そもそも保険は必要なのか?

2021年10月、Googleの最新機種pixel6、pixel6Proの販売されました。
ここ数年のpixelシリーズからかなりモデルチェンジしたスマートフォンになっています。
今回はPixel6シリーズのスマホ保険について解説をしていきたいと思います。

 

この記事から分かること

①Pixel6シリーズのメーカー保証について

②Pixel6の修理費はいくら?

③Pixel6にスマホ保証は必要なのか?

④Pixel6におすすめのスマホ保険

【Pixel6】Googleメーカー保証について

Googleストアで販売されている全てのPixelシリーズは保証がついてます。
しかしこれは、電化製品の購入時に付帯している「メーカー保証」のようなものです。
以下の場合は、Pixel6の交換や払い戻しの対象となる場合があります。
  • 正常に充電されない
  • 電源が入らない
  • 頻繁にフリーズする
  • マイク、スピーカー、ボタンに問題がある
  • インターネットや携帯がつながらない
主に、初期不良によるもので購入者に責任がない場合に限ります。
購入後、以下のようにPixel購入者の落ち度による故障は保証対象外になります。
  • 商品を落とし、破損した。
  • USB-C ポートに異物が入り、動作が停止した。
  • 紛失、盗難などの理由により、すでに保有していない。

 

PixelはGoogleの正規保証なし

日本で爆発的な人気のiPhoneは、Apple社の「AppleCare+」という正規保証があります。
しかし残念なことに、Pixelでは「AppleCare+」の様なGoogleの正規保証はありません。

通信会社の保証には加入できるのか?

Googleストアで購入したPixel6やPixel6Proを、docomoなどの携帯会社の保証に加入することはできません。
多くの通信会社では、携帯会社でスマホを購入した時しか、保証に加入することができません。
そのため、Googleストアで購入したPixelは保証対象外になります。

Pixel6やPixel6Proにはスマホ保証は必要なのか?

そもそもPixel6シリーズにスマホ保証は必要なのかどうか検証していきます。

Pixel6シリーズの修理費は?

まずPixel6の修理費がいくらになるのかを把握しておきましょう。
Pixelが故障しても、販売元のGoogleで修理は行えません。
しかしGoogleはスマホ修理業者「iCracked」を国内正規修理店として正式に修理を依頼しています。
iCrackedは日本全国に店舗を設けており、店舗修理だけでなく郵送修理も行っています(iCrackedについてはこちらから)。
iCrackedでのPixelの修理費は以下になっています。
Pixelの修理費はiPhoneほど高額ではありません。
しかし今回のPixel6Proは画面修理費が3万円越えと高額になっています。
さらに残念なことにPixelは非常に優秀なスマホでありオススメであるが、画面が割れやすい傾向にあります。
ここ最近のPixel4a〜Pixel5aでは画面割れの報告がSNSなどの多く上がっています。
私もPixel4aを使用していますが、数回割れた経験があります。
関連記事

スマホを「pixel 4a」に機種変更し、2ヶ月が経過しました。 その2ヶ月間でスマホ落下による液晶割れがなんと2回・・・ Google pixelは低価格でありながら、高性能なスマホとして人気ですが、残念なことに想像以上に脆いです[…]

今回のPixel6シリーズは大きくモデルチェンジをしているため画面の耐久性も上がっていることを期待したいですね。
しかし実際に、pixel6の背面割れの報告もSNSに上がっていました。

Pixel6のオススメ保険は?

Googleストアで購入したPixel6シリーズは、docomoやau、格安SIMなどの各社が提供している補償に加入することが難しいことは先ほどお伝えしました。
だからと言って、Pixelに保証が付けられないわけではありません。
最近ではスマホ専用の保険会社がいくつかありますが、その中でもPixelオススメの保険は迷うことなく「モバイル保険」です。
モバイル保険とは、「さくら小額短期保険」から販売されているスマートフォンなどの電子機器を対象にした保険です。
「モバイル保険」は、モバイル端末が壊れたときの修理費用を年間10万円まで保障してくれる保険です。

スマホやタブレット、ゲーム機などWifiにつながる機器全般が対象で、 なんと1契約で3台まで保証可能で月額770円(税込)

「モバイル保険」についての詳細は、公式サイトがわかりやすく説明してくれているので、こちらからご確認ください。
モバイル保険では、修理時に自己負担額ゼロ(後から全額戻ってくる!)で修理が行えます。

Pixel 6にモバイル保険がおすすめの理由

モバイル保険をオススメする理由は、
①コストパフォーマンスに優れている
②修理時の費用がかからない
③加入できる期限が長い
④Pixelとモバイル保険が好相性

①コストパフォーマンス◎

「モバイル保険」の最大のメリットは何と言ってもトータルコストが抜群に安いこと。

770円で最大3台まで加入可能!

Wi-FiやBluetoothにつながるモバイル通信端末を3台まで補償することができます。
パソコンやタブレット、スマートウォッチ、Bluetoothイヤホンにも補償可能です。

②修理時に費用がかからない

修理費用保険金として年間最大10万円まで補償します。
年間10万円以内であれば、事故発生時の自己負担金額はありません。
キャリア保証やAppleCare+では、毎月の保険料にプラスして修理時に3,000〜5,000円程度自分で支払わなければなりません。
Pixel6Proの画面割れの修理費は31,680円なので、年間3回まで無料で修理可能となります。

③加入できる期間が長い

キャリア保証のほとんどは、購入時にしか保証に加入できません(AppleCare+はiPhone購入から30日まで)。

しかしモバイル保険に加入できる期限は

 「端末購入から1年未満もしくは端末購入から1年以上経過していても、通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入しており、かつ当該サービスにより補償が受けられる状態」
と、購入から1年未満であれば加入できます。

④モバイル保険とPixelシリーズの相性◎

 

「モバイル保険」では、Google Pixelシリーズがキャッシュレスリペアの対象機種であるからです。
キャッシュレスリペアとは、モバイル保険と提携している修理店にて、モバイル保険のマイページから事前に利用申請を行うことでキャッシュレスに修理が受けられます。
この提携修理店の中には、Pixelの認定修理店である「iCracked」も含まれています。
キャッシュレスリペアは下図の様に非常に便利なサービスです。
提携店とモバイル保険が連携しているため、修理完了後に必要書類(①破損時のスマホの写真②見積書③領収書)の提出することなく、さらに修理店にて、(年間10万円未満であれば)修理費用を支払い不要です。
修理店で事前に予約して、修理してもらうだけです。

【まとめ】Pixelにはモバイル保険が最適!

最近ではスマホ専門の保険は数種類あります。
その中でも、修理時に自己負担がゼロであることなどコスト面をみてもモバイル保険がオススメです。
何より、Pixelの認定修理店「iCracked」とモバイル保険がキャッシュレスで修理ができるサービスがあるのもオススメする理由のひとつです。
ぜひこの機会にPixel6の保証について検討してみてください。
最新情報をチェックしよう!