【2020最新】理学療法士が転職エージェントを利用するメリットとは?

理学療法士が、転職する方法として、以下が挙げられます。

①各医療機関のホームページを閲覧し求人が出ているのかを探す方法

②転職サイトから探す方法

③転職エージェントへ自分が希望に合った転職先を探してもらう方法

今回は、「③転職エージェントへ自分が希望に合った転職先を探してもらう方法」のメリット・デメリットについて、また転職エージェントのサービスを存分に活用する方法を紹介していきます。

メリット①:非公開求人を多数保有している

転職エージェントは、医療機関のホームページや求人サイトで募集される求人のほか、一般には公開されていない「非公開求人」を保有しています。

転職エージェントを活用する最大のポイントは、非公開求人を多く保有していることにあります。

転職エージェントによって非公開求人を保有している数は異なりますが、やはり大手の転職エージェントは信頼が厚い為か、非公開求人を多く保有している傾向にあります。

医療機関としても、求めている有望な人材を効率的に採用したいので、転職エージェントに依頼することが多くあります。

非公開求人に関してはこちらの記事(理学療法士必見!非公開求人とは?)を参考にしてください。

メリット②:医療機関の特徴や情報を教えてくれる

転職エージェントは求人の募集条件を決めるため、医療機関のその部署の役職者や人事と直接話をする機会が多くあります。

医療機関のリハビリテーション部(科)がどのような分野に力を入れているのかといった情報だけで無く、雰囲気やホームページの内容だけでは入手することのできない情報を事前に手に入れることができ、面接対策にも役立ちます。

メリット③:転職することを相談できる

転職活動は、相談できる相手が限られており、孤独な戦いとも言われます。

そんな時、転職のプロである、転職エージェントへ相談できることは大きなメリットです。

自分の置かれている今の状況が転職することがベストなのか、転職するならどんな環境が良いのかなどの相談にも乗ってくれます。

また、求人を出している医療機関について直接聞きづらいことを、キャリアアドバイザーが間に入ってくれることで悩みを解決してくれることもあります。

メリット④:面接の日程の調整をしてくれる

普段、仕事をしていると病院見学や面接日程の調整がスムーズに行えないこともあります。

「医療機関側が提案した日程を断り、自分の都合の良い日程ばかり提案すると、医療機関に嫌なイメージがつくのではないか?」そう言った些細な心配事がつきものです。

転職エージェントが間に入ってもらうことで、調整や交渉を進めてもらえることであなたと医療機関に双方にメリットがあります。

メリット⑤:履歴書の添削や面接対策をしてくれる

仕事をしながら、履歴書を作成することや面接の対策を自分自身で行うことはかなりの労力を消費します。

その労力を最小限に抑えるためにも転職エージェントを活用するべきです。

履歴書の添削

履歴の作成は誰もが嫌がる作業の一つです。

また、学生時代の就職活動と転職の際の履歴書は、多少異なってきます。転職する際の履歴書はこれまでのキャリアをしっかりアピールし、これまでの経験をどの様に次の職場に生かしていくかと言ったことをアピールしていく必要があります。

自分自身ではアピールポイントと思っていなかった事が、転職のプロであるキャリアアドアイザー(客観的な他者の視点)から見ると大きなアピールポイントだったりすることも少なくありません。

転職エージェントを利用することで、書類での好感度が上がりやすく、さらに応転職エージェントが応募してくれることで、内定を勝ち取る確率も高くなります。

面接対策

転職エージェントでは、面接前に面接対策も行ってくれます。人事担当者が求めている人物像や注目点などを把握して上で面接対策を行ってくれます。自身で一人でイメージトレーニングの様に実施するよりは遥かに効率的に面接対策が行うことができます。

メリット⑥:給与アップが狙える

病院のホームページや求人サイトを利用した転職では、あなたがこれまでに習得した資格や経験が生かされずに、給料が下がる可能性も十分有り得ます。

しかし自身で、給料の交渉はなかなか言い出しづらいものです。

その点をキャリアアドバイザーが代行してくれることで、これまでの経験が生かされ、給与のアップも期待できます。

メリット⑦:無料で利用できる

転職エージェントでは、「転職の相談」から「求人の紹介」、「病院見学・面接の日程調整」、「履歴書の添削・面接対策」、「内定後のアフターフォロー」までのサービスをなんと無料でしてくれます。

「無料で転職のサポートしてくれる転職エージェントはどこやって収入を得ているの?」と疑問に思う方もいるかもしてません。
転職エージェントの収入は、採用が決まった際に医療機関から成功報酬として手数料が支払われます。その為、内定辞退などと言ったことが起こらない様に退職までのサポートもしっかりと行ってくれます。

転職エージェント利用することへのデメリットはないの?

 

これまで転職エージェントのメリットについて紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

キャリアアドバイザーのスキルによってサポートの質に大きな違いがある

キャリアアドバイザーのスキルによって、自分が希望に見合った求人内容やさらに給与アップを勝ち取ることができます。

しかし、中にはハズレを引いてしまうと転職が失敗する可能性があります。

そうならない為にも、やはり大手の転職エージェントはキャリアアドバイザーへの教育も一級品である為、大手転職エージェントが転職希望者から選ばれやすい傾向にあります。

経験やスキルによって応募できない可能性がある

医療機関が転職エージェントを利用して求人を行うということは、早急に人員を確保したいケースか、良い人材を確保したいケースです。その為、求人する人に対して、ある程度のキャリアを積んだ人材を求めるケースも少なくありません。非公開求人の応募があったとしても、応募する資格すらない可能性もあります。

地方の求人が少ない

医療機関の求人に限ったことではありませんが、首都圏と中心とした都心部は求人が多く、田舎などの地方になるほど求人の数が少なくなってきます。

どうしても地方だと、転職エージェントを活用せず、従来型の求人サイトへの掲載が多い傾向にあります。また、都心部の方が圧倒的に医療機関の数が多く、地方では少ないことも大きく影響しています。

理学療法士オススメの転職エージェントは?

転職エージェンの会社はたくさんありますがその中でも、理学療法士の転職に強いエージェントに登録するようにしましょう。

転職エージェントには2〜3社程度登録することが推奨されいます。

理学療法士におすすめの転職エージェントは、マイナビコメディカル、②PTOT人材バンク、③メドフィット リハ求人.comの3社です。

この3社は、大手である為、求人数の保有数も多く、腕の立つキャリアドバイザーの質も高い印象です。

地方の求人は都心部の求人に比べると少ないですが、それでも他の転職エージェントと比較すると多くの求人を揃えています。

転職サイトや転職エージェントは、一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。どのサイトも登録は数分で終わりますので、是非この機会に登録だけでもしておきましょう。

マイナビコメディカル:大手マイナビだけあって、アドバイザーの質も高く対応も◎、何より好案件が多い。

PTOT人材バンク:医療・介護大手会社が運営。非公開求人が多く、高収入(年収500万以上)や好条件(年間休日126日)の優良案件が多いことが特徴。

メドフィット リハ求人.com:転職エージェントが現場に直接足を運び情報収集しており「現場の生の情報」が聞ける。また、最短3日でのスピード入社可能と、迅速な対応が特徴。

 

最新情報をチェックしよう!