【2020最新】理学療法士、失敗しない「ひとり職場」への転職方法

転職を考えているけれど、理学療法士の「ひとり職場」ってどうなんだろう?

今回は、この疑問に答えます!

 

病院や施設で、理学療法士が1人しか在籍していないことを言います。

 

ひとり職場が適している人の特徴は以下になります。

「ひとり職場」が適している人の特徴

理学療法士としての十分な知識・経験がある人

★他職種とのコミュニケーションが上手に図れる人

★要領よく仕事をこなせる人

しかし、あなたがひとり職場に適しているかどうかも大切なポイントですが、正直なところ、勤務する医療機関によって、働き方や業務量が大きく異なります。

そのため職場選びが、非常に重要になってきます。

今回は、失敗しない「ひとり職場」への転職方法について紹介していきます。

理学療法士ひとり職場の現状

理学療法士が勤務している医療機関は多岐に渡り、理学療法士の「ひとり職場」は多く存在しています。

理学療法士協会 会員分布より引用

 

理学療法士協会が出している「理学療法士会員の分布」から、下記の医療機関にて「ひとり職場」が多い傾向にあります(1施設あたりの理学療法士の会員数が少ないため)。

〜ひとり職場が多い医療機関一覧〜
★医療福祉中間施設
・デイサービス
・デイケア
★老人福祉施設
・養護老人ホーム
・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・老人短期入所施設
・介護付き有料老人ホーム
・住宅介護支援センター など
★身体障害者福祉施設
・身体障害者更生養護施設
・身体障害者療護施設 など
★児童福祉施設
・知的障害児通園施設
・肢体不自由児施設
・重症心身障害児施設 など

 

※病院では、病床数の多さに関わらず複数名の理学療法士が勤務されています。比較的人数が少ないと言われる療養型の病院でもひとり職場という環境はかなり少なくなってきています。

理学療法士ひとり職場のメリット

対人関係のストレスの減少

ひとり職場のメリットの1番の大きな点は、「対人関係」でのストレスが減ることです。

理学療法士の先輩に評価や治療についてと指摘をされることがなくなります。

自由度が高く、やりがいもあり

これまでの知識と経験を生かし、自由にリハビリができる(だからといって適当にして良いわけではありません)ため、やりがいも感じやすいです。

理学療法士ひとり職場のデメリット

リハビリについての相談ができない

周りに、看護師を含めた医療スタッフはいます。

しかし理学療法士は自分のみしかいないので、リハビリの治療プログラムなどの専門的な助言などはすぐにもらうことができません。

相談したいときに相談できないのは、自分自身と患者さん双方にとって非常にデメリットです。

全ての業務を1人でこなさないといけない

1人で行う業務量がかなり多くなります。

デイサービスやデイケアでは、1日に20人以上の利用者さんと関わることも珍しくありません。

利用者1人1人にじっくり時間をかけてリハビリをしたくてもそうはできません。

また業務内容は、リハビリだけでなく、リハビリを行う上で必要な書類の作成も全て1人で行わなければなりません。

また診療報酬改定などがあった際には、1人で対応しなければならないことも。。。

休みが取りづらい

理学療法士のひとり職場の多くがデイサービスやデイケアなどであり、土日休みなどの固定休が多いのが特徴です。

そのため、理学療法士1人しか在籍していないと、自分が休んだ時の代役がいません。

自分が休んでしまうとその日のリハビリがなくなってしまうことから、非常に休みにくい環境にあります。

ひとり職場がおすすめな人の特徴

急性期医療から生活期のリハビリを経て、十分な知識・経験がある人は、自分のペースで仕事ができます。診療報酬に関する業務や監査対策の経験がプラスにはたらきます。

ひとり職場は、どうしても1人あたりの業務量が多くなり、要領の良さも求められます。

また、セラピストが1人しか在籍していないため、孤立しないためにも他職種と最低限のコミュニケーションを図ることも大切になってきます。

他職種からの信頼されることで、より働きやすい職場へとなります。

理学療法士としての十分な知識・経験がある人

★他職種とのコミュニケーションが上手に図れる人

★要領よく仕事をこなせる人

理学療法士の「ひとり職場」の見つけ方

理学療法士の「ひとり職場」の見つけ方は以下になります。

★病院やクリニック、施設のホームページの求人情報

★転職エージェントに登録し、探してもらう

しかし、病院やクリニック、施設のホームページの求人情報から探し出すのは手間がかかり非常に大変な作業です。

なぜなら、希望する地域の病院や施設を調べ上げ、各ホームページを検索し、チェックしなければならないのは大変な作業量です。

おすすめなのは、「転職エージェントに登録し、探してもらう」方法です。

関連記事

理学療法士が、転職する方法として、以下が挙げられます。 ①各医療機関のホームページを閲覧し求人が出ているのかを探す方法 ②転職サイトから探す方法 ③転職エージェントへ自分が希望に合った転職先を探してもらう方法 今回は、「[…]

「ひとり職場」探しを転職エージェントを依頼する理由

理学療法士が1人しか在籍おらず、在籍しているセラピストが退職すると、後任者の採用が決まるまで理学療法士が在籍しない期間が発生していまいます。

医療機関側としては、そうならない為にも早急に次の理学療法士を確保したいので、転職エージェントへ求人を依頼することが多くあります。

実際に、「ひとり職場」は、当たりハズレが激しいです。

そのハズレを引かない為に、転職エージェントを活用します。

ハズレというのは、とにかく業務量が多い職場のことです。

施設の見学や面接で、業務内容量に関する質問は必須です!

しかし細かく(しつこく)質問しすぎると、「採用者側から不快に思われないか?」と不安要素にもなってしまい質問しづらいものです。

そういったことを、転職エージェントを活用し、転職エージェントを介して、業務に関する質問しづらい内容もしっかり把握することができます。

さらに、医療機関があなたにどのようなことを行って欲しいかといった、求めていることについても確認しておくことも必要です。

〜転職エージェントを活用し、確認する内容〜

●自分が行う業務の内容(1日の介入する患者数など)

●医療機関側から、あなたに求められていること

●前任者がいたのであればどのようなことをしていたのか?

 

理学療法士のひとり職場のオススメの転職エージェント

転職エージェンの会社はたくさんありますがその中でも、理学療法士のひとり職場への転職に強いエージェントに登録するようにしましょう。

転職エージェントの登録は無料で、内定決定後に料金が発生することはありません(転職の相談〜入社まで全て無料!)。

先述した通り、理学療法士のひとり職場は、施設が多いのが特徴です。

そのため、ひとり職場への転職に関しては介護職の求人サイトがおすすめです(介護職の転職サイトですが、理学療法士の求人もたくさんにあります)。

転職エージェントには2社程度登録することが推奨されいます。

理学療法士におすすめの転職エージェントは、ケアジョブ、②介護JJの2社です。

自分の住んでいる地域には「ひとり職場」はあるのか確認するために、登録だけでもしておくことをおすすめします。

①ケアジョブ

1.利用したい介護職転職支援サービスNo.1

ご利用満足度96,2%!

地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、丁寧・親切に対応する為 、 利用満足度が高い事が特徴です。

2.地域最大級の求人数

北海道、東京、兵庫、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、 人気の施設・企業・病院など豊富な求人を揃えております。

3.非公開求人が豊富

当社のコンサルタントが採用担当者と普段から頻繁にコンタクトを取っている為、 ケアジョブだけの非公開求人をご案内することが出来ます。

※非公開求人に関してはこちらの記事(理学療法士必見!非公開求人とは?)を参考にしてください。

②介護JJ(ジャスト・ジョブ)

十分な実績

医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績があり、求職者様のためにならない転職はお勧めされません!

中小企業ならではの求職者様に寄り添った丁寧な転職サポートを行ってくれます。

年間に3.2万人が利用している介護分野へ転職するなら必須の転職サイトです。

内部情報が豊富

アンケートなどを通し、実際に働いている方からの職場の「内部情報」をたくさん頂いているため、アドバイザーへ相談することで、自分ひとりでは知り得ない職場環境や雰囲気などの情報を得ることができます。

残業や給与の実態、離職率、職場の人間関係などを考慮し、あなたにとって本当に働きやすい職場を紹介してくれます。

充実の無料サポート

介護職専門の経験豊富なコンサルタントがあなたにピッタリな求人を紹介してくれます。

見学や面接のセッティングから給与や休日の交渉まで行ってくれます。

まとめ

ひとり職場は、理学療法士が1人しか在籍していないことから、1人あたりの業務量は当然多くなってきます。しかし、自由度が高く、これまでの知識や経験を生かすことでできることで、やりがいを感じることができます。

ひとり職場では、理学療法士としての力量も大切ですがそれ以上に、勤務する場所の非常に重要になってきます。

ひとり職場への転職は、自分1人ですることは非常に危険です。

「転職失敗!」は笑い事では済みません。

そうならないためにも、転職エージェントを十分に活用しましょう。

登録をしておけば、優良な医療機関からの求人がを出せば、エージェントから連絡が入るので、(登録は無料なので)登録だけもしておくことをおすすめします。



ケアジョブ:利用したい介護職転職支援サービスNo.1。ご利用満足度96,2%!地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、丁寧・親切に対応する為 、 利用満足度が高い事が特徴です。 全国においても取引先が多く、地域最大級の求人数を誇り、人気の施設・企業・病院など豊富な求人を揃えております。

介護JJ(ジャスト・ジョブ):医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績があり、求職者様のためにならない転職はお勧めしていません。 中小企業ならではの求職者様に寄り添った丁寧な転職サポートを行っています。


最新情報をチェックしよう!