【ドコモ/アハモ】アップルケアvsケータイ補償サービス=どちらもオススメしない!【2021最新】

docomoやahamoでiPhoneを購入し、
「AppleCare+に入ろうか?」
「ケータイ補償サービスにしようか?」
と、迷っている人に対しての返答は、
「どちらの補償にも加入するべきではない!」
が、結論です。
その理由について今回解説していきます。

 

この記事から分かること

①「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス」を比較

⑤ドコモとアハモの保険がオススメできない理由

「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス」について

まず、docomoの「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス」の2つの保険の内容について確認していきます。

「AppleCare+ for iPhone」

出典:Apple
「AppleCare+ for iPhone」は、Apple Storeでも購入できる「AppleCare+」と同一の保険であり、料金や保証内容も同じものになります。
iPhone購入時のハードウェア製品保証とテクニカルサポートが延長され、Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることができます。
さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを1年間に2回まで受けられます。
  • 保証対象:iPhone本体、バッテリー、イヤホンなどの付属品
  • 画面修理:3,700円
  • その他の修理(ホームボタンや水没など):12,900円
※1年間に2回まで上記のサービス料にて修理可能!
さらにiPhoneのバッテリーの最大容量が本来の80%未満になった場合、無償でのバッテリー交換サービスが受けられます。

「ケータイ補償サービス」とは

出典:docomo
「ケータイ補償サービス」は、故障・水濡れ・盗難・紛失など、あらゆるトラブルをサポートしてくれます。
さらに、トラブルに遭われた際には、変わりとなるスマホを提供してくれます。
その他、故障した機種をお預かりして修理する場合の代金もサポートしてくれます。
「ケータイ補償サービス」は月額825円(初回31日間無料

電話交換機サービス

水濡れや紛失、全損時に対する補償で、1年間に2回まで利用可能。
スマートフォンがトラブルに遭われた際に、交換電話機(リフレッシュ品)を、お申し込みの当日~2日以内に提供してくれます。
しかし、本サービスを利用時の自己負担額は12,100円と高額です。

スマホの修理代金を一部サポート

スマートフォンが故障し、修理する際、修理代金の一部サポートあり。
画面損傷の修理時に、自己負担5,500円にて修理可能。
※水漏れや紛失、全損の場合は、「電話交換機サービス」にてリフレッシュ品に交換し、画面損傷など修理可能な場合は「修理代金サポート」の対象となります。

「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス」の比較

「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス」を簡単に比較すると、月額料金やサービス内容から「AppleCare+ for iPhone」の方が優れていることがわかります。

「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス」がオススメできない理由

最新のiPhoneは端末価格が10万円程度し、画面損傷時にAppleCare+に加入していなければ、修理費が35,000円かかり、大きに出費を負担しなければなりません。

そこで保証に加入しておくべきですが、「AppleCare+ for iPhone」や「ケータイ補償サービス」ではなくモバイル保険をオススメします。

決して「AppleCare+ for iPhone」を否定しているわけではなく、モバイル保険の方が保証内容に関して優れているからです。

モバイル保険とは?

モバイル保険とは、「さくら小額短期保険」から販売されているスマートフォンなどの電子機器を対象にした新しい形の保険です。
「モバイル保険」は、モバイル端末が壊れたときの修理費用を年間最大10万円まで保障してくれる保険です。
docomoの「AppleCare+ for iPhone」はiPhone購入時にしか加入できませんが、モバイル保険がiPhone購入から1年未満であれば加入することができます。

スマホやタブレット、ゲーム機などWifiにつながる機器全般が対象で、 なんと1契約で3台まで保証可能で月額770円(税込)

あなたが加入することを検討している「AppleCare+for iPhone」や「ケータイ補償サービス」の保証内容と、「モバイル保険」をぜひ1度比較してみてください。
モバイル保険の詳細は公式サイトにて分かりやすい説明があるのでご自身で確認してみてください。

 

【まとめ】「AppleCare+ for iPhone」よりモバイル保険が優秀!

「AppleCare+ for iPhone」の金額や保証内容に不満があるわけではなく、モバイル保険の方が金銭面や保証面などを総合的に見て優秀です。
モバイル保険は、これまでになかった新しいスマホの保険であり、知らない人が多いのが現状です。
今後は、「iPhone購入したらAppleCare+に加入」ではなくモバイル保険が第一候補に上がってくるでしょう。
iPhoneにモバイル保険をオススメする理由はこちらの記事を参考にしてください。
関連記事

最近のiPhoneは背面ガラスなど高級感はありますが、落下時の衝撃に耐えられず割れてしまったという報告をよく耳にします。 iPhoneなどのApple製品を購入の際、 「AppleCare +は本当に必要?」 「保証は必要[…]

ぜひ、購入したiPhoneの保険についてモバイル保険を検討してみてください。
最新情報をチェックしよう!